Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://asashigure.blog34.fc2.com/tb.php/35-d9d6ef54

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

さくらシュトラッセ

さくらさくらのシュトラッセ~♪あーどっこい

sakura


メーカー:ぱれっと
ジャンル:恋愛AVG
シナリオ:NYAON
原画:くすくす

・シナリオ(8点)
主人公・綾瀬春美は家を出て料理人として修行中だったが、継母が入院した連絡を受けて慌てて帰郷する。
その途中で自衛隊の飛行機墜落事故に巻き込まれて瀕死の重態になるも謎の復活を遂げた後、一時的に閉めざるをえなくなった実家のレストラン『かもめ亭』でシェフとして働くことを決意。
義姉や幼なじみと共に店をオープンさせたけど経営が速攻で行き詰った春美の前に現れたのは、魔女を名乗る1人の女の子と使い魔らしいもう1人の女の子だった。

優佳、かりんは王道ネタで、結構予想外な展開はなかった。
しかし、かりんルートは普通にいい話でした。
残りの二人は魔女と言うことで大体の予想を立ててやってたんですが、マリーは長老がらみで結構予想通りだった。
でも、ルゥリィはまるで予想外で使い魔になる前の話がメインでとてもいい内容でした。

日常会話も様々なネタが組み込まれてて面白かったんだけど、どーも主人公がいちいち弱々しくて慣れるまでに時間がかかった。
それ以外は結構シナリオに引き込まれる感があった。

総合的に同会社のDearMyFriendほど重くなく、ほんわかした感じに仕上がってて終わった後も引きずることなく楽しめました。
完成度は高いです。


・音楽(9点)
ドイツ感を出したかったのか、ほのぼのとしたゆったりな曲が多い。
それにより綺麗な曲が多くて、単体でも十分に楽しめるBGMがほとんどです。
何回聞いても飽きない感じがたまらんですね。

OPが橋本みゆき、2ndOPがWHITE-LIPS、挿入歌が橋本みゆき、EDがWHITE-LIPS
何だこの豪華4曲仕様は。
何故ココまで力を入れたwww
嬉しい限りなんですけどね。
あ、文句なんてあるはずないです。

・えち(5点)
各3回。
ボリュームがそこそこあったと思うけど、バリエーションが少なかったと思う。
最近のゲームは結構えちが薄いのが多いんでこちらとしては嬉しい限りです。

平均的と言うことで。

・グラフィック(10点)
もう完璧ですね。
原画がくすくすさんで、淡い感じのタッチの絵が綺麗で、背景も綺麗で、立ち絵に関してはおまけできちんと鑑賞できるってのは良かったです。
ドイツ(というか西欧)的な雰囲気を出すための衣装とか背景とか、雰囲気づくりが最高ですね。
立ち絵に関しては、ぱれっとシステムの得意技である近距離・遠距離・細かい動き・後ろ向きの差分まで作るこだわりが健在。


・キャラクター(7点)
綾瀬 春美
一応現在のかもめ亭の代理店長であって、厨房を半分任されている青年。
根っこの部分は優しいのだが、やや偏屈な部分もあったりしたりと、少しまがった感じもあるが
家族思いの良いヤツ。
昔は名前と共に容姿もかわいいせいで女とよく間違えられたりする。
猫が苦手で、かなりの拒否反応を示す。


マリー ルーデル (CV.佐本二厘)
恋に恋する普通の女の子。ただし魔女。
とある事情から「かもめ亭」で働くことになるドイツ人。
明るく朗らかで前向きな女の子。

新ジャンル「ヲタな魔女っ娘」
こういうキャラはいいね。和む。

綾瀬 優佳 (CV.風音)
主人公の義理の妹で、大学生。通称“ゆー姉”。
以前から店の手伝いはやっていたが、母親が倒れるという危機にともない大学を休学。
フロアチーフ兼経理担当として多忙な毎日を送る羽目に陥ってしまう。

うおおおぉぉぉぉ!!風音様あぁぁぁぁぁあああ!!!!
風音様はやっぱり年上キャラ多いね。異論はないが。
このキャラもSなのでピッタリでしたw

里村 かりん (CV.桜川未央)
近所に住んでいる主人公とは幼なじみの学園生。ちなみにボクっ娘。
主人公と同い年だが、精神年齢はかなり低め。
元気で無邪気といえば聞こえはいいが、おバカなだけかも知れないと誰もが心の中で思っている。

正直そんなに好きじゃないんだけど、シナリオはいいと思う。
なんだろう、いつも前に前に出て来るキャラはそんなに好きじゃないことに最近気付いた。
エロ川シュトラッセさんは好きなんだけどなぁ。

ルゥリィ (CV.井村屋ほのか)
マリーの使い魔として、彼女と一緒に日本へやって来た謎の少女。
クールな性格で、表情にも乏しく何を考えているのか分からないようなところがある。
魔女の関係者だけあって、“猫と会話が出来る”という特殊能力を持っている。

井村屋さんの演技が最高すぎて、もう。
このキャラも良いキャラしてるし可愛いですね。
さすがキャラランキング1位。

・さいごに
合計39点

完成度は全体的に見てもかなり高いと思います。
声良し、音楽良し、シナリオ良し、何より絵良し。えち以外文句の付けようがないですね。
強いて言えば、逆にいいキャラが多いので攻略したいキャラが他にもいるというのが文句ですかね。
つか、あのママさんは絶対に子持ちには見えない。

とりあえずやっておいて損はないです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://asashigure.blog34.fc2.com/tb.php/35-d9d6ef54

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

大辞典

Author:大辞典
ただのゲーヲタです
主にギルティ、三国志大戦、PCゲームをやってます

一言
亜沙さんは俺の嫁
残念ながら譲れません^^





最近のトラックバック

スカウター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。