Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://asashigure.blog34.fc2.com/tb.php/20-099c3f77

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

11eyes-罪と罰と贖いの少女-

罪と罰と贖いの少女

メーカー:Lass
ジャンル:侵食世界学園伝綺AVG
シナリオ:LEGIOん , 獅子雰麓
原画:萩原音泉 , ちこたむ , 小沢悠 , 鳴海ゆう , KENGOU

・シナリオ(7点)
平穏な生活を送っていた主人公”皐月駆”とその幼馴染”水奈瀬ゆか”。
普通の生活をする2人であったが、それを嘲笑するかのように、彼らの運命は劇的な変化を起そうとしていた。

 何の前触れもなく、2人は不気味に変貌を遂げた世界に投げ出される―――


 街から人の気配が消え去り、まるで無人の廃墟を思わせる静寂に包まれる。

空は鮮血を満たした泉のような赤い色に染まり、墨を落としたような漆黒の月がかかっていた。


自分たち以外には誰もいないような荒涼とした世界に変貌を遂げる綾女ヶ丘。
黒く巨大な月の下、赤い夜の世界に駆とゆかは取り残されてしまったのだ。

街には人の代わりに、異形の存在が不気味に蠢き、成すすべのない駆とゆかは、ただ逃げる他になかった。
やがて、ある程度の時間が過ぎれば「赤い夜」の世界から現実に戻れることを知るが、「赤い夜」は時と場所を選ばず唐突に訪れる。
その繰り返しに疲れ果て、命の危険に晒される2人……。


突如巻き込まれる“赤い夜”で少年少女達の戦いが始まる。


という日常と非日常が隣り合ってる世界で繰り広げられる学園異能モノ
ドタバタの日常は軽やかで“赤い夜”の事を忘れさせるような明るさがある
それだけに“赤い夜”に入ったときの緊張感と恐怖感が大きくなってコッチとしてもビクつきますw
日常と非日常のギャップがすばらしいと思う。
“赤い夜”での選択肢をひとつミスると即バッドエンドというのもより緊張感がでますね

戦闘シーンもハラハラするようなシーンが多くて、アツい展開が多いのもイイ


ただ、個別ルートがほとんどと言っていいほどない
エンディングが少し違うとか、ちょっと途中変わったり程度のところが残念かなぁ
あと、最後がちょい強引だったってのもいただけなかった

このゲームの特徴である「クロスビジョン」というシステムがあって、他人の視点で物語を読み進められるというのがあるんだけど
正直メンドクs(ry
1週目は物語を把握する上で必要で、とても良いシステムだと思ったんだけど2週目以降空気になる
空気になるのはいいんだけど、いちいち開放されたシナリオが2週目以降だとまた開放されたと報告されるのが邪魔くさい
新しいシナリオだけ報告して欲しい


・音楽(9点)
OP&EDが作品にマッチしてる。挿入歌もステキだし。
特にOPがカッコよすぎてヤバイwww

日常の音楽が軽やかなのに対し、“赤い夜”に入ったときの音楽が恐怖感を煽るような音楽でこれまた最高
赤き死のワルツが怖すぎていかんねw真夜中にやってるとき普通に怖かったwww

とある戦闘曲がもうちょいカッコよければ文句なしで10点だった

・エロ(5点)
各キャラ2回、多くて3回
結構あっさりかかれてたような気がする。
気がつけば終わってる感じ
そんな訳でのこの点数

もっと変態チックなモノください

・グラフィック(8点)
演出がすごい。すごいの一言。
立ち絵がコロコロ動いたり、口パク、まばたきがあったりとすごく手をかけてるのがわかる。
“赤い夜”に入るときの演出とかビクッとしたりするw

・キャラクター(8点)

皐月駆(CV.中本伸輔)
この作品の主人公。虹彩異色症によって、生まれつき右目の視力がない。
姉の『皐月菊理』と幼馴染の『水奈瀬ゆか』とともに児童養護施設で育った。
数年前の姉の自殺によって無気力な性格に変わり、将来に希望を抱けずに怠惰な日々を過ごしている。

水奈瀬ゆか(CV.安玖深 音)
駆の幼馴染。両親を幼い頃に亡くし駆と同じ施設で育つが、やがて水奈瀬家に引き取られる。
なんでも器用にこなす大人の女性像を目指すも、大人なのはどんどん育つ胸とお尻ばかりの様子。顔は幼いまま、身長も伸びず、舌ったらずな口調も治らないため、周囲にバカにされてしまうことが専らの悩み。

草壁美鈴(CV.はるか)
陰陽道の大家『草壁流』の血筋を受け継ぐ生粋の陰陽師。
数々の術とともに、草壁家に伝わる退魔の妖刀五振り、通称『草壁五宝』を駆使して敵と戦う。
「赤い夜」に巻き込まれた仲間の中でも、リーダーシップを発揮していて、常に仲間の前に立って戦おうとする。それは誇り高く生きることを信念としているためだが、その信念ゆえか、生真面目で、融通の利かないところもある。
見た目とは裏腹に、少女趣味な部分もあり、純真な少女漫画を好む。

橘菊理(CV.???)
駆たちのひとつ上の先輩。綾女ヶ丘市在住の小説家、橘大輔の養女。
言葉をしゃべることが出来きないため、普段はスケッチブックの筆談でコミュニケーションをとる。言葉を失った理由についても、13歳以前の記憶がないため、不明のままになっている。
性格はおっとりしていて包容力があり、仲間の中でもお姉さん的な存在となっている。
彼女の特殊能力は、自らの魂の形を具現化した『アブラクサス』という守護天使を操ること。

広原雪子(CV.みる)
駆のバイト先である喫茶店『ツィベリアダ』の新人バイト。
明るい性格に見える雪子だが、ドラスベニア連邦という紛争地帯で生まれたという生い立ちにより、壮絶な過去を背負っている。
幼少期に両親を殺され、子供の身ながら生きていくために、人を殺傷する能力を磨き上げていき、その結果、機械のように対象を抹殺する人格を内に秘めている。

田島賢久(CV.アンダルシア)
綾女ヶ丘の街を闊歩する素行不良の少年。
街では他の人間とつるむことがないためか孤立し、不良グループと敵対することも。一見、粗暴かつ軽薄な印象を与えるが、ひょうきんな一面も持つ。
念じることで炎を発生させるパイロキネシスの能力を駆使する。瞬時に遠距離への攻撃が可能な他、炎を球体にして打ち出し、爆発させることもできる。

百野栞(CV.井村屋ほのか)
駆やゆかのクラスに転校してきた、イタリアからの帰国子女。小さな身体で、人形のような端正な容姿をしている。普段は感情表現に乏しく、無表情。
人と交流することを極端に嫌っているようで、交流を持とうとするクラスメイトに対して、無愛想に距離を置こうとする。
だが、駆には何らかの親近感を見出しているのか、栞自らが駆に声をかけたりすることもある。


絵の方はたまに崩れてるのとかあるけど、キレイな方
もっと戦闘シーンの一枚絵が欲しかったなぁ
立ち絵の方は文句のつけようもないくらいによかった

キャラクターはみんな個性的で、まともなキャラがほとんどいないwww
マスターの立ち絵が欲しかったと思うのは俺だけだろうかw
日常だけにしか出てこないキャラもちゃんと引き立ってる

キャラボイスもピッタリだった
演技も特に問題なし。みるさんの演技がかなりよかった。

草壁さんが可愛いです←結論


・さいごに
合計37点です。

引き込まれるような怒涛の流れで面白かった
戦闘モノとしてはかなり高い評価を与えてもいい気がする
それだけに個別ルート、最後の締め方が残念でならない…
そんな否定的なこといってるけどオススメです

草壁さんが可愛くて困る
そしてゆかがウザすぎてムカツク

というか栞と操、リーゼロッテルートはないんですか?w
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://asashigure.blog34.fc2.com/tb.php/20-099c3f77

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

大辞典

Author:大辞典
ただのゲーヲタです
主にギルティ、三国志大戦、PCゲームをやってます

一言
亜沙さんは俺の嫁
残念ながら譲れません^^





最近のトラックバック

スカウター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。